2008年05月31日

ブレインスクランブラーパイロットツー、ゴー、オンッッ(笑)

モンキーチーム
仕事忙しいです。ありがたい。ええほんとに(涙)

子どもたちを絵画教室に通わせることにしました。
自分が小学校低学年から10年以上通ってたとこ。ウチの親と同い年の先生もご健在でした。
小学生は水彩画と工作なんだけど(5年生から油絵が出来る)、工作好きな長男は絵を描くときはアイディアが出なくて苦労しているよう。雑誌やTVの絵ばっかり真似てるからなあ。母親と一緒だ(汗)。

なんか久しぶりの割りに気合入ってないイラストの方は、しつこくモンキーチームのゴーオンジャーネタ。
メカにソウル(魂)があると言う設定がいい(^^)。
(それだけのつながりです)
緑と黒の人は、変身ブレスレット付けてた。ケータイよりこっちのがやっぱりいいなあ。

ゴーオンジャー自体は、なんかついていけません。ほのぼのしてていいんだけど。
(その次の時間帯の仮面ライダーよりはよっぽどまし。あれ、制作者の人、子どもいないんだろーか??)

パワレンと比べると、やっぱり雰囲気が違う。パワレンも初期の脚本や演出はどうか?!と思うんだけど。

なんというか、日本の戦隊シリーズは、ひたすら明るく、燃えてて、さわやか過ぎ。
パワレンだと、なんかもっとこう、個人のキャラクターがもっとどろどろしてたりさめてたりして、それでもお互いを認め合ってチームが成り立ってますよ、見たいなトコがあるので結構感情移入も出来ていたのだけど。
(出来るからどうだといわれてもあれですが。)

などと、ダイノサンダーのコナーの真似して日米ヒーロー分析(←社会科の宿題でレポート書いてた)。

戦隊シリーズも、そろそろメンバーをサルとかにしてみるといいんだと思う。


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:Antauri、Brain Scrambler Pilot2(だっけ??)
使用ソフト:Pixia
posted by junquito at 06:57| Comment(2) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>戦隊シリーズも、そろそろメンバーをサルとかにしてみるといいんだと思う

それは斬新だ!!
そう考えてみると、モンキーチームって非常に新しかったんですね!
いっそモンキーチームを地上派放送にしてしまえば・・・!
Posted by 戸帆 at 2008年06月01日 01:22
戸帆さん、コメントありがとうございます。

てか、モンキーチームはどう考えても海外より日本人ウケするはずですよっ!歴代のヒーローもののパターンを見たって。

地上波放送やって、うちの子供たちが買っている小学館の雑誌とかに特集が載るのが夢です。
Posted by junquito at 2008年06月04日 05:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。