2008年02月13日

パワレン新作

かなり突発的に引っ越した故、子供らの学校とかもまだちゃんと出来ていないのですが、やつらが家にいるのにインターネットもTVもない、という環境で、まあ、いい時間が過ごせたかな。と。

でも、ケーブル&ネットが繋がって週末は久しぶりに子供らと最近の番組情報をチェック(ああ...)。

日本じゃゴウオンジャー、が始まるそうで(メカは喋る車...って、ブーブーズ??)。母にてれびくん配達再開してもらわないと。

アメリカのJETIXでは、ゲキレンジャーのパワレン版、Jungle Furyのページができてますよ(^^)。
まだ俳優陣の写真は載ってないけど、あのレオタード風コスチュームでもやっぱりアメコミ調筋肉モリモリのレンジャーのイラストが!!

変身後の動きは軽やか中華風(意味不明)になるんだったら、細身のままでいいのになあ。
ついでに、リーダー(赤)はアジア系期待なんですが。名前(ケイシー)をみたところ違うっぽい。

パワレンシリーズも、ダイノサンダーを頂点に、俳優陣はルックス、キャラクター描写とも落ち目の一途をたどってる感じなので(私見)、興味失せてますが。
以前は、ちゃんとスタントもある程度は自分でできる人が結構いたのになあ。J.D.フランク(トミー)は別格として。
なんでもCGで処理するようになって、俳優が細身で個性のない子ばっかりになってしまったような。ワイルドフォースニンジャストームダイノサンダーは、ばかばかしいながらみんないろんな点でユニークでおもしろかったのに。

ヒーローの細身/イケメン化は、日本も同様ですよね。時代と言えばそれまでだけど、黄レンジャーとか、バトルフィーバーのケニア(ギャバンの人)とか、子供心に強くてワイルドで頼もしいオジサンに憧れていたけど、今の子供はあんな細くて頼りないお兄さんに世界の平和を任せて安心して寝られるのか、なんとなく疑問です。

何にせよ、メキシコじゃまだOperation Overdriveですが。歌で既に耐えられません(汗)。



追記
...と思ったら、Jungle Furyの俳優陣はここで見られました。

ちょっとダイノサンダーっぽいですね。期待〜〜

posted by junquito at 20:05| Comment(3) | TrackBack(0) | Power Rangers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます
おお、そちらではジャグルフューリーやるんですね

>日本のヒーローは細身がち
確かに。
まあそれが若い女性方には受けるのかもしれませんね(もっとも、ライブマンのレッド-嶋大輔のようなビジュアルの方もたまにはいるかと考えられますが…戦隊ものは見たり見なかったりなので分からないです)
私も、たまにはワイルドな兄ちゃんが出て欲しいな、とも思えてきました


それではこれにて失礼します
Posted by りおこ at 2008年02月14日 10:16
りおこさん、コメントありがとうございます。

>ライブマンのレッド-嶋大輔
これは知らなかったです(微妙に自分の年代が古い。汗)ヒーローてか、不良のイメージが...

子供のヒーロー像より明らかに彼らの母親を意識して俳優選んでますよね(笑)。
自分はイケメンよりアクション重視なので、戦闘シーンの殺陣が自分で出来ない人は我慢できません (^^;
筋肉とかぜんぜんなくて、こんなんで戦隊メンバーになれるなんて、ウソだー!とか思ってしまいます。
(そういうツッコミをしてるあたりが、そもそも非現実)
Posted by junquito at 2008年02月14日 21:10
はじめまして。
日本に住んでますがパワーレンジャーのアクションフィギュアや人種構成にアクションが
好きで管理人様のブログに辿り着きました。
スーツの中に入ってるのはレンジャー役は日本人なので細いんですかね。
RPMのレッドは黒人の少年になりまして
メキシコと同じラテン国家のポルトガルでは最新作のサムライが放送開始したりします。
Posted by jfprf at 2011年07月14日 07:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83886219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。