2007年12月06日

無念。

バックヤーディガンズ
CDだ絵本だ人形だとわが家でブームのバックヤーディガンズですが、折しも町角の広告で

バックヤーディガンズライブ!!

というのを発見!

しかも、うちの近所の会場で!

これは行くべし、と、週日にもかかわらず、子供急かせて宿題終わらせ、子供らはぬいぐるみを、かーちゃんはカメラを持って火曜日の午後4時半に会場へゴー!





だれもいない...



入り口の門閉まってるし。チケット窓口にはだれもいない。プロレスとかやる会場なんですがプロレスの広告ばかりでバックヤーディガンズのバの字も見当たらない。

そのうち、中からおっさんがよろよろ〜〜っと出てきたので、
「あれパブロだよ、ぜったい」と言ってると、やっぱり子連れのおばさんが道に止めてあった車から出てきておじさんに話しかけたので、自分も近寄ってみる。

そのおばさんも、やはり!バックヤーディガンズ目当てでしたが、パブロだと思ったおじさんはなんにも知らず。

しばらく待ったけど、そもそも、ショーをやる準備ができてたって、観客は2家族かよ!てな感じで、4:40分には帰途につきました。

しかし、こんなにアバウトとは。

メキシコド田舎の州ですが、一応州都なんだけどなあ。自分の出身地の栃木県(30年前)に匹敵するものの、宇都宮の市民会館でこんなずさんなイベントはしないだろう(汗)

子供の夢を裏切ってはいけない。(ぶち壊すのを未然に防いだ、という考え方も出来ますが(^^; )

ちなみに、ウチらの見た広告というのは、ここらではふつーにあるスタイルの、石の壁に直接ペイントで塗りたくる、という種のもの。(これが侮れなくて、ちゃんと3D効果になってたりとか、レタリングも芸術の域のもの多数)。

たまに、数年前の選挙の立候補者の名前が未だにでかでか描かれてる壁を見かけますが、もしかして、去年のハナシだったのかなあ(汗)


着ぐるみパブロ、見逃して残念。またの機会を〜〜。


イラスト
番組名:The Backyardigans
キャラクター名:Pablo
使用ソフト:日本のNickelodeonサイトにあった塗り絵をjpg保存して、Pixiaのベースレイヤーにして上から塗ってみました。一応描き手は長女ですが、親がいろいろ手出ししてます(笑)
posted by junquito at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。