2007年09月05日

Hidden Fortressより

モンキーチームLet's go get our brothers!

エピ感想再開〜
13話目です。

シリーズ初の前後編。
いきなりジンメイの頭が飛んでくるのにはじまり、最初から最後まで迫力満点でした。
初めて見た時は、続きが気になって寝られなかったものです (^^;

仲間をかばって一人でスプリーム・デストラクターと対決するチロがカッコよし。
マンダリンがメインの敵かと思いきや、最後になって後ろにスケルトンキングがいることが発覚。
私怨でチロばっかり狙ってやられてるマンダリンよりサッコの方が冷静に仕事こなしてると思いましたが。でもSKのお気に入りはマンダリンの方なんですねえ...

最後は、チロがたった一人で仲間を助けに行くのでなく、ギブソンが残った点がよかったと思います。
特に役に立っていたとは思えないけど、チロ1人...というのは、なんと言うか、壮絶すぎて心臓持たない(笑)。←ロボット忘れてる


あと、唐突に「選ばれし者だ」とか言い出して、詳しい説明もしないで1人で納得しているアンタウリ、あんた、何でそんなこと知ってるんですかっっ??これも永遠の謎...


描きたいシーンはいっぱいあったのだけど(モンキーたちの脱出シーンとか)、なんか描く気がうせました。
バックも適当。
参考にと、一応エピ見直しましたが、なんか、この回、やたら絵が丁寧。


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:Chiro, Mr. Hal Gibson
使用ソフト:わんぱくペイント
       上に表示してるのは原寸の半分のサイズになってますが。
       線のぎざぎざが気になる〜。
posted by junquito at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。