2007年08月29日

Gone Ghost

ダニーファントムばたばたしてて忘れてましたが、8月24日、米国でダニーファントムの最終エピソードが放映されたとのこと。

カナダで先行、ポルトガル語やスペイン語の吹き替え版のほうがラテンアメリカでも先に放映されていたのですが、本国でも、これでおしまい(涙)。

TV.comとかの反響を見てみると「すごくよかった、でもなんでキャンセル??」的なコメントが多いですね(同感!)。
それより面白かったのが、ウソかホントか分からないNickelodeonと原作者Butch Hartman氏との台所裏事情。予算の関係とか、視聴率とか、作風がNickのポリシーにあってるかとか、いろいろあると思うけど、アメリカで最終シーズンのエピソードがなかなか公開されない、結構な人気番組なのにキャラクター商品が全然でない、最終回も特に大きな宣伝もなく、ふつーに終わってしまった、そして、最終回を放送した直後に放送域がなくなった、なんていう、ちょっと「ヘン」な状況を見ると、ただ視聴率が低いからキャンセルしました、というだけにとどまらない理由はあるのかもしれないですね。

でも、やっぱりHartman氏の作品のフェアリーペアレンツは一度終了の話があった後13エピが追加で制作されることになったそうで。こちらはHartman氏も前のシーズンより深く制作に関わってる、ということなので、その辺で取引があったのかなあ(安く作れて、よく売れるのはFOPの方、なんでしょうね、やっぱり)。

まあ、その辺はいいとして、全エピ終了したのなら、ぜひ日本でも放映して欲しいですよね。
ダニーの声は三ツ矢雄二氏とか古谷徹氏(変身の時の掛け声Going Ghost!を「いきま〜〜す!」で)あたりで...って、古すぎ...(涙)

でもなんか、日本のNickelodeonは、対象年齢層がアメリカより低そうで、DPとかAvatarとか、Mr. Meatyとか、却下されそうな気もしますが(バイオレンス要素有、とかで)。


そんなわけで、終了記念で海外のファンアートサイト投稿用に...と、いまさらながらに。
一応隠してみたりして(上の絵をクリックすると完全版が見られるはず)
いくらなんでもこれじゃなんなので、色付けとかもうちょっと何とかして投稿予定。


イラスト
番組名:Danny Phantom
キャラクター名:Danny, Sam, Tucker
使用ソフト:主にわんぱくペイント。
2人以上の人間を1枚の絵に描くと大きさが全然変わるので下書きはいろんなソフトで大きさ変えたり位置を変えたり描き足ししたりとしました。そのわりに、あまりよくなってない(涙)
この記事へのコメント
ああ・・終わっちゃいましたかダニー・・
ぞっと前から日本で見たいなと思っていたのに、ついに日本にこないうちに終わっちゃったとは。
確かに日本のニックはアニメチャンネルというより「子供向けチャンネル」を目指している感じも合って、このあたりの作品はなかなか来ないですね。
なかなか新作が放送されないのはそれだけじゃないとは思いますが。

ニコロデオンのキャンセル事情はよくわかりません。インベーダージムにしろ、ニックのキャンセルには裏事情がよくありますからね。
Posted by スカポン太 at 2007年08月30日 02:00
スカポン太さん、コメントありがとうございます。

日本のNickの番組リストを見ると、あそこにダニーファントムとか入れるとやっぱり異色の感じがありますね。
テーマがお化けだし。ギャグもシニカルすぎるのがいけない??
(でもスポンジボブだって、結構怖いと思うんですが...)

でもニックがダメならどこか他の局が買い取って!!!とか、無理なんでしょうか...。

Posted by junquito at 2007年08月30日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。