2007年07月14日

The Secret of the Sixth Monkeyより

モンキーチームモンキーチーム第7話より。
オレンジ対決(笑)


去年あたりに日本語でもモンキーチームが放映されていると知り、日本語吹き替え版を聞く、というのがひそかな願いだったのですが、先日、このエピだけ音源ゲット!ありがたや〜〜

つーわけで、日本語を喋るチロやモンキーを聞くのは初めてだったのですが、面白いと言うか照れくさいと言うか、始終にやけっぱなしでした。声はかなりイメージに近かったけど、言葉遣いは、先入観みたいなのがあって、そのギャップに1人で感心したり。

やっぱり、一番ウケたのはアンタウリですかね。何語でも、セクシー路線なんだな、彼は(笑)。

子供らも、面白がって聞いてましたが、唯一分かったのが「すぴん・しょっかー!!」。
…母親の日本語教育がいかにいい加減かを思い知らされました(汗)


と、吹き替えの話題はこの辺にして、このエピソードですが、「よくわからんがおもしろい」エピばっかりみてた当時、「もしかしてちゃんとしたプロットがあるのか、この番組は??」と初めて思ったのがこの話だったと記憶してます。

マンダリン初登場。「昔仲間だったのに敵に寝返ったヤツ」とか、パワーレンジャーの逆パターンですね(笑)。最後は逃げ去ってスケルトンキングと合流、返り咲きを予想させたり。
あとで改心して、戻ってくるのかなー、と思ったけど、にくったらしさ120%の悪役に徹したのが逆によかったかも。
あれで、あのじーさんキャラでなければ最高だったんだけど…
他のモンキーたちも、中はあんなのなんだ…と、ちょっとがっくりきました。さらに、次の登場の際でかくなった時にはどーしようかと思いましたが、後半、若返って魅力倍増(笑)。

他は、前半の「新ワザ発表会」が、ちゃんと後半で生きてくるとことか、良かったですね。個人的には縦にぐりんぐりん回るスパークスのジャイロボールがツボでした。結局、このエピの後で使ったのって、ギブソンとオットーのだけでしょうか??


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:Chiro & Mandarin
使用ソフト:下描きAlias Sketchbook Pro。ポーズに悩みまくり。
       色付けはPixiaで。グラデーションうまくいかず(フィルター使えば良かったんだな。汗)


…と、思い直して、ためしにやってみた。

比較(背景のレイヤだけ入れ替え)。



う〜ん。よく分かりません
posted by junquito at 17:41| Comment(2) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
junquitoさん、こんばんは、こはくです。
モンキー記事にちょくちょくコメントしていてスイマセン(汗)
アンタウリの話題がでるといてもたってもいられず…。アンタウリ大好きなので…!
セクシーという言葉に反応してしまいました。セクシー…!そうですよね…色気ありますよね…!
アンタウリの性格的に真逆な単語なはずが、しっくりきます。
私は英語と日本語しか聞いていないのですが、日本語の声が大好きです。

マンダリン初登場ということで、7話は大好きなエピの一つです。
この話はマンダリンがかっこよくて!
そしてアンタウリが活躍してて大好きです(>w<)
メガモンキーポウの技を繰り出す前に無駄にターンしてるのがカッコいいvv
Posted by こはく at 2007年07月15日 01:14
こはくさん、コメントありがとうございます。
(ダブった前のコメントのほうを削除させていただきました)

自分的にはアンタウリは「抱かれたいサル」投票があったらぜったい投票しますね。…あ、いや「抱っこしたい」かな〜〜!?!?←血迷ってる(汗)

日本語も英語も、年齢不詳の低音が良いです(^^)。日本語は英語より若干熱血気味なトコロが(結構叫んでる??)。


>無駄にターン
確かにいいですね!!実は、派手なワザが多かったりして(笑)。

Posted by junquito at 2007年07月15日 03:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。