2007年04月02日

フェアリーオッドペアレンツのSchool's Out

フェアリーオッドペアレンツフェアリーオッドペアレンツのミュージカル仕立ての一時間エピ。

なぜか部分部分しか見たことがなくって、先週末一挙放映してやっと初めてまとめて見られたので感想を。

他の長編に比べると、ストーリー的にはひねりがないし、脇役陣がほとんど登場しないし、歌ばっかりでFOP一番の魅力のセリフがあまり生きてなかったな、という気もするのですが。
(歌は、スペイン語吹き替えなんだけど、ティミーの声が高すぎで聞いてて苦しくなった。汗)。

が、アニメはよくできてました。

一番ハマったのは、今回の悪役、Pixies
FOPの悪役は、結構いて、前回長編2編ではVicky、Crockerがそれぞれ暴れてたけど、今回、フェアリーの世界を灰色一色の企業社会に変えてしまおうとたくらんでる(そうなの??)Pixiesの、とんがり頭のボスと、四角い顔の部下が地球とフェアリーワールドを、超退屈な世界に変えてしまう、というストーリー。

で、この2人が思いっきり無表情でラップを歌うのです〜〜。
うぃあ ぴくし〜ず、うぃあ ぴくし〜ず!!
(手首をくいっ!)

アニメと見事にあってて。
腹抱えて笑ってしまいました。
(これは、実際に見ないと分からないと思いますが)

英語版は、Ben Steinが声担当。聞きたい〜〜!!
(注:「フェリスはある朝突然に」で出席取ってる、ボーっとした感じの高校教師。実は政治や法律の専門家で、著書も多数あったり)

他の見どころは、コスモとワンダのデュエットで、昔の2人(ポニーテールワンダとにきび面コスモ)を回想するところ(ワンダがいっつもコスモにひどい目に合わされてる)。

これは、なんど繰り返してみても面白そう。長編3本(Abra-Catastrophe、Channel Chaser、とこのエピ)は、DVDがでてるんですよね。

モンキーチームもなくなりそうだし、マジで録画できるマルチリジョンのDVDデッキ、買おうか検討中。
(マルチリジョンなら、子供らに日本の戦隊シリーズとかアンパンマンとかも集められるし。)

というわけで、いきなりお気に入りになったpixiesの部下を描いてみました。



イラスト
番組名:Fairy Oddparents
キャラクター名:Sanderson
使用ソフト:Pixies…じゃなかった、Pixia。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。