2006年12月30日

モンキーチームウィキペディア:スリングショット

  • スリングショット:別名プロメテウス5号。スーパーロボットを1号とする一連のロボット建造プロジェクトの5号目にして最新のロボットである。名前のとおり(スリングショット=Y字形のパチンコ)両手にエナジーの球を発生させ、それを軸に自分自身を玉として超高速で発射させ、どんなに硬い相手の身体でも貫くことができる。スリングショット完成間も無く、創造者の1人であるマエゾノ教授が自分の脳をスリングショットの体内に移植し、究極のマシンになろうとするが、彼のパートナーであるタケウチ博士により阻止される。その結果、過剰負荷となった機械は爆発を起こし、タケウチ博士は命を落とし、マエゾノ教授は脳のみの存在となる。タケウチ博士の死の責任はマエゾノ教授のものだとして、スリングショットは彼を破壊しようとする教授と戦闘を続けていた。スリングショットは、スーパーロボットにはない人間(サル??)の言葉を話す能力を持っていて、スーパーロボットの無言の言葉を理解し、通訳することもできる。声はScott Menvilleが担当。



出典:Wikipedia contributors, "Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!," Wikipedia, The Free Encyclopedia, http://en.wikipedia.org/wiki/Super_Robot_Monkey_Team_Hyperforce_Go! (accessed Feburary 23, 2007).


目次
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。