2006年12月30日

モンキーチームウィキペディア:ジャイラス・クリンクル

  • ジャイラス・クリンクル: ロボットの母親に育てられた陰気で孤独な男。ハイパーフォースのファンで、彼らに対する思いはいつしか妄想観念に変わる。もともとは、チームがモンスターと戦った後の町の始末をする清掃部隊のメンバーであったが、町の代わりにロボットを掃除しているところを見咎められクビになる。機械に関しては天才的で、すばらしい計画能力もあるのだが、同時に精神的に不安定。ハイパーフォースに参加しようとしたがかなわず、そのせいで後にチロのコスチュームでスーパーロボットに忍び込み、モンキーチームを洗脳してチロと戦わせようとする。が、チロによってモンキーたちは呪縛を解かれ、ジャイラスをだましてチームの一員として迎えたように信じ込ませる。そうしてつかまったジャイラスは、シュガズームの月にある精神病院に送り込まれる。(ここからネタばれ欄をご覧ください。)



出典:Wikipedia contributors, "Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!," Wikipedia, The Free Encyclopedia, http://en.wikipedia.org/wiki/Super_Robot_Monkey_Team_Hyperforce_Go! (accessed Feburary 23, 2007).


目次




(ネタばれ欄。以下の文字を反転させてお読みください)
そのまま第4シー ズンまで姿を現すことのなかったジャイラスだが、その後施設をのっとり自分の発明した装置を使ってチロを自分のマインドの中に捕らえてしまう。さらに、モ ンキーチームも同様に自分のマインドに捕らえるが、この世界でジャイルスが動揺すると現れる亀裂を攻撃することで、チームはマインドの世界を破壊し、現実 の世界に戻ってくる。一方、ジャイラスは破壊された機械と共に消滅する。ジャイラスの生死、または、自らのマインドにとらわれたままなのかは不明。声はJeffery Combsが担当。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。