2007年01月13日

Fairly Oddparents紹介

ディズニー、JETIX、さらに民法でも放映されてるFairly Oddparents。アメリカでもちょっと前にはやったらしい。
 
ストーリーは、ドラえもんに、アメリカ的ブラックジョークを入れたもの、と思ってますが。
 
恐ろしく子育てに無頓着な両親と、信じられないくらい恐ろしいベビーシッターをもつティミーの元に、魔法の国からFairly Godparentsが送られてくる。
いくつかのルールを除いて望みは何でもかなえられるのだけど、いつもそのお願いの方法がまずくてとんでもないことに...と、まあ、ドラえもんですね。
 
これも、本筋より、各キャラのユーモアのセンスがめちゃめちゃ面白い。特に、コスモ(Godfather)が、度を越してアホなところが。
 
でも、個人的に一番のお気に入りはこのフアニシモ(スペイン語吹き替えだとこういうけど、英語名もこれかな??)。
ワンダ(Godmother)のモト彼で、何かというとワンダに言い寄ってくるんだけど、この胸板!幼児番組でこれは犯罪だ〜。
 

で、ケンシロウのごとく、何かというとすぐに胸張って服を破くのだけど、妖精(?)だから、すぐに新しい服が身につく。
で、それをいつも3回くらい繰り返すのがめちゃめちゃ笑えるのだ(ばりっ!ぽんっ!ばりっ!ぽんっ!ばりっ!ぽんっ!みたいな)。

 
出番は少ないのだけど、出てくるとなんか目が離せません(笑)
 

イラスト
TV番組名:Fairly Oddparents
キャラクター名:Juanissimo(つづり不正確)
使ったソフト:お絵かき掲示板のしいペインターで描いたやつを、スクリーンショットコピー&編集。塗りつぶしがうまくできてないですね。

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。