2007年07月30日

Ape New Worldより

モンキーチームふう、やっとここまで来たよ。
モンキーチーム第11話。

スクラッパートンの逆襲!のわりには、4話目に比べてかなり物足りなかったです。

最初見てたときは「オットーって、バカなのか?!」と思ったのですが、今になって見直すと、彼の他人思いで謙虚な面がよく出てるかも知れないですね。

素直だから、だまされた、というのではなくて、オープニングで、みんなの役に立とうといろいろ工夫しているのに、みんながそれを感謝してくれない、シュガズームの住民も、がんばって町を守ってもコミュニケーションすら出来ない、そんなところに、自分の業績をありがたがってくれる集団が表れて、うれしくなった、と解釈すると、あのはしゃぎっぷりも、案外地が出たのかなあ、などと思えてくるのです。

おとなしい子には、いつも、その子の行動を言葉と態度で認めてあげないといけないのですよ(^^)。

でもまあ、そんなオットーに不器用に気を使ってあげるギブソンも、それはそれでよいと思うのですが。

スクラッパートンて、いつからスケルトンキングの手下になったんだろう??
初登場の時から、支配されてるような雰囲気はあったけど(最後のシーンとか)、あの時は、ただ、「ロボットモンキーのコレクション」に燃えていた風だったのに、この回では復讐の執念丸出し。ていうか、あんな大掛かりなセットを作って、チームをだまそうとするところが凄い(資金提供はスケルトンキングとしても)。あの「モンキーチーム歴史大図鑑」一冊執筆するのだって、相当大変そうですよ(汗)←あの本には、5シーズン目の結末も入ってたのだろうか...

あとは、戦うゴリラロボットがなんとなくかっこよかったです。よく見ると、一体一体微妙に型が違ってる。スクラッパートン、凝ってるな(汗)。やっぱり黄色のがいいですよね。オットーに優しいトコとか、チロにはぶっきらぼうだけど最後に敬意を表するところとか。



イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:Ottoと、お友達のゴリラロボット
使用ソフト:下書きからわんぱくペイント
posted by junquito at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

Thingyより

モンキーチームエピ順が結構いい加減になってますが、これはFlytorの前だったかも。
一応10話目ということにしておきます。

使うソフトを間違えた〜。手前のチロが大失敗。

このエピはもう、ギブソンの暴れっぷりにつきます。
シンギィも、個人的には巨大化した時のほうが好きですね。
あと、スーパーロボットも。毛とか生えて、凄すぎます。

くだらない突っ込みですが、Soturix7のエピソードでは、「モンキーのコンピューターがシャットアウトしてただのサルになった」ということで、中身は生身のサルなのかあ、と思っていたら、ここでは「機械を侵すウィルス」に感染してしまう、ということは、やっぱり機械??とか、後になってからもヘルメットの下に脳みそや肉眼(?)があったり、そのクセに最終回ではモンキーたちだけ年とらずに元気だったり(ノヴァの腕は完全機械だったし)、どっちなんだ!!と、ずっと悩まされてます。

そもそも、機械のウィルスというのは、プログラムを破壊するものであって、外見が変わったり、唾液で免疫がつく、とかいうのは...ああ、こんなことを真剣に考えている自分(汗)。

他に好きだったシーンは、アンタウリとノヴァの訓練シーン。トレーニングマシーンの攻撃を説教こきながらかわすアンタウリのポーズがいちいち面白すぎました。


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:チーム一同+Thingy
使用ソフト:ArtRage。クレヨンツールが主。
       Danny Phantomのタイトルスクリーンで、こういう構図が結構あるので、真似してみたくなった。
       丁寧な線引きとか色塗りが出来ずに不満足。あとで別ソフトでやり直すかも。



<追記>

そんなわけで。
手前だけPixiaでやり直し。モンキーたちは時間の関係で省略(笑)。


モンキーチーム(2)

posted by junquito at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

Flytorより

モンキーチームモンキーチーム第9話。

...

...

...どこがじゃっ!!

個人的に"Girl Trouble"(だっけ??)と1,2を争うくだらないエピ、のような(笑)。
描くネタが何もありません〜〜

と、とりあえず、ゲームに興じるみんながかわいかったです。
腹ばいなってピコピコやってるとことか。

私は、「テレビゲーム反対派」で、アンタウリとおんなじ。
「本当の学習脳を刺激しない」とか、「中毒になると引きこもりになって友達がいなくなる」とか、「現実世界でのトラブル対処が出来なくなる(暴力的な手段しか取れなくなる)」とか、まあ、もっともらしい言い訳を一応するのですが、本当のところは弱すぎる

小学校の時、みんながどんどん先に行くのに、1人で一面がクリアできず、悔しい思いをしたスーパーマリオブラザーズ(初代)がトラウマになっているものと思われます。
(もしかすると、その前の、家族旅行中旅館でやったブロック崩しで惨敗した(?)事件が原因かも)。
ちなみに我が家では、結局ファミコンなるものを買ってもらえず、その反動で姉は現在ゲームにどっぷりつかり(ファイナルファンタジーとか、発売当日に買いに行くような)、私が手も触れたくない、といったゲーム嫌いになりました。怖いですねー。

現在も、ゲーム機は子供に与えておらず、母親のPCでたまに子供用のオンラインゲームで遊ばせる程度。

そうそう、JETIXのモンキーチームのゲームもやりました。迷路を通過しながら各モンキーに変身していくヤツ。
レベル2だか3だったか、のスパークスでいっつもやられます。レベル6くらいまでいったかなー(音楽が変わるトコまで)。あと、パワレンのゲーム(こちらは米国、南米版)は、ダイノサンダーの、やっぱりキャラクターを変えながら敵を倒してシーンを突破していくのがあるのですが、こちらは長男のほうが行く(涙)

この手の集中力と根気を持ち合わせていないのですよ。ふん。

...どこがエピ解説になっていたのだろう...(汗)

やっぱり、機械に頼らず、自分の町は自分で守らないとね。←強引にまとめ。


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:全員
使用ソフト:ArtRage
       今回はクレヨン画風。レイヤがないので、鉛筆ツールで描いた下絵がつぶれてしまい、クレヨンで塗った後フェルトペンで輪郭をなぞるという面倒な作業をする羽目に。太さの調節は全部の筆で出来るのですが、細かい所がぬれなかったです。
posted by junquito at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

アイコンソフトも練習

バックヤーディガンズ 


いつの間にか「お絵かきソフト練習週間」になってます。

こちらはもうもうろくしてる5才のPC君にインストールしてあるドット絵作成ソフト。
もうちょっと動きが速くならないかといろいろやってたらちょっとましになったので立ち上げてためし描きしてみました。

モデルはBackyardigansPablo
3Dの幼児向け番組アニメですが、ミュージカル仕立てで丁寧に作ってあるので大人でも楽しめる。(米国ではNick Jr.の番組。日本でも放映してるみたい。歌の吹き替えとか、大変そう〜〜)

3Dアニメのお気に入りはもうひとつ、Save'umというのがあるのですが、アニメのできはBackyardigans、キャラクターでいうとSave'umですかねー。こちらも、暇があったドット絵で描いてみます。

久しぶりに子供らが番組見てたのでそれ見ながら。30分で終了〜〜。


イラスト
番組名:Backyardigans
キャラクター名:Pablo
使用ソフト:EDGE(全機能が制限なしで使えるフリーソフトと、有料版の試用版(bmpのみの保存可能とか、いろいろ制限つき)があるのでダウンロードの際には確認してください。自分のはフリーソフト
posted by junquito at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

しつこくフリーソフトで練習。

ダニーファントム今度はArtRageのほうでダニーを。

下地を黒にしてパステルで塗ってみました。
CGではないけど、現在ハマってるディズニーのArtAttackで、似たような描き方(黒い紙に白のクレヨンで描く)をやっていたので、なんとなく真似したくなって(笑)

レイヤがないので、色塗りの段階で下書きの線がつぶれるともうどうしようもない(汗)。下書きに頼らず、どんどん色つけちゃえばいいのかな??
...彼より複雑な形のゴーストは無理そう。エンバーあたりやってみたかったのですが。


そうそう、先月腕を骨折した長男ですが、無事にギプス外れました。
ベッドに寝かされて、いきなり電動ノコを出された時にゃ、スプラッターものを想像しましたが。本人泣き叫びっぱなし。一番落ち着いてたのが、同席した長女のほうで、「お兄ちゃんうるさいから耳ふさいでるね」。だと。

まだ、腕が固まってしまってて曲げ伸ばしを断固拒否してますが(よっぽど怖かったらしい)まあ、とりあえずほっとしてます。早く公園行きたいよ〜(親がね)


イラスト
番組名:Danny Phantom
キャラクター名:Danny
使用ソフト:ArtRage(トライアル版)


2007年07月20日

ミスティックフォース途中経過。

パワーレンジャーミスティックフォースしつこく、Artweaverの練習。

下地をぼこぼこにして、オイルパステルという筆で塗ってみました。
筆を消しゴムに変えたりするのがめんどくさいのだけど、色を選ぶのは簡単なので、こういう同色系のコスチュームで光と影をつける、というのは、結構楽に出来る…かもしれない(笑)。

さて、パワレンシリーズ、ミスティックフォースも、やっとこさ後半部が開始。
3月から一ヵ月半くらいで毎日放送で一気に行ったのだけど、これから毎週金曜日に新エピ放映のようです。
今日は長男のギプスが取れる日のため、録画で〜〜。

マジレンジャーは、日本から送ってもらった雑誌なんかでだいたいストーリー把握しちゃってるし、アメリカのサイトとかもチョコチョコ見てるんで、流れ自体はまあ、読めてるのだけど、先週やっとKoraggの正体発覚!!

これまた、オビ・ワンみたいな。年長キャラがおおいな、このシリーズ(汗)。

あんまり凝ったストーリー展開にしても、子供は飽きるようで。ウチの子たちも、なんか入れ込みようが前作に比べていまいち。脇役ばっかり目立って、肝心のレンジャーがあんまり活躍してないのも、なんかなあ、という感じ。

そうそう、南米JETIXサイトでは、「次回のミスティックフォースエピソードを予想して商品をゲット!」企画がありまして。
サイトに行って、次回エピのあらすじを3択で選ぶとオリジナル(かどうかは知らないけど)画像がダウンロードできる、というもの。(選択が当たりか外れかは分からない。そりゃそうだ)
2週やって、デスクトップの壁紙とアドレス帳(プリントアウトして使う)ゲットしました。子供らは結構一生懸命参加してますが、保存は私のPCなんですが。どうしろと(汗)。

イラスト
番組名:Power Rangers Mystic Force
キャラクター名:Koragg(いままでずっとコーラックだと思ってた。なんて名前、と思ってたら…)
          この人のコスチュームが一番凝っていたので。難しかった(汗)
使用ソフト:Artweaver。


posted by junquito at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Power Rangers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

The Lords of Soturix 7

モンキーチームモンキーチーム第8話。

この辺から、エピソードの順番が分からなくなってくるのですが、こちらでやってる順番に合わせます(^^)。

前記事で紹介したArtweaver使用。
いろんな筆が、サイズやら濃さやら調節して使えて、CGというよりアナログ画をPCでやりたい人向けです←まさに自分。
久しぶりに風景画やら人物画やら練習したノリのまんま描いたら、なんかこんなのに。
チロが不気味だよ〜。

まあ、このエピは、砂漠っぽい背景や色合いがちょっと好きなので、よろしいかと(笑)。


チロのモンキーパワー炸裂ー!で、初めてゴリラに変身(?)するエピソード。
力を引き出したのは、ノヴァ!冒頭ののトレーニングから、チロとの対決と、やっぱり、強いですね。
内蔵コンピューターが機能しなくなって、ただのサルになったら、彼女が間違いなく群れのボスになると思います。オットースパークスは彼女に上手く取り入って子分になり、要領悪そうなギブソンアンタウリは即日野垂れ死に、のコース(笑)

この話は結構真面目に怖かったです。グロいモンスターとかは出てこないんだけど、たよりのモンキーがいなくなって、一人ぼっちで砂漠の真ん中におっぽり出されて5つの太陽にあぶられる、なんて。
芋虫とか、カブトムシとか、自分だったら生き延びるために食べるかなー、とか、いらない想像ばかりしてました。
チロの肉体、精神の限界が試されて、結局それが力を引き出すきっかけとなった、ということなんだろうけど。
教えられる立場にいたチロが、みんなを率いて窮地を抜け出そうとするのが結構ほほえましかったり(?)。


そういえば、最終回でこの回に出てきた女の子に「応援求む」メール出してましたね。
ちゃっかりメアドゲットしてずっと持ってたチロ、さすがだ(笑)。

結構後になって知ったのですが、悪役Skurgの声はウィル・ウィートン!映画のスタンドバイミー再共演ではないですか。(スパークス役のコリー・フェルドマンと。ウィルは気弱な文学少年ゴードン役をやった人)


余談ですが、1話目から毎晩予約で録画して、朝うきうきで親子で見る日課ですが(現在夏休み中)、このエピだけ、「11分」でぶちきれてました。
ううう。好きなお話だったのに。もうそろそろ、放送も打ち切られそうな雰囲気なので、もう二度と見られないかもしれない(涙)
原因が不明なので、キーエピの時は、やっぱりちゃんと起きて見張ってないと。などと誓ったのでした。


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:Chiro, Otto, SPRX77
使用ソフト:Artweaver。古バージョンを使っていたのだけど、子供らにいじらせたらわけの分からない部分にマスクがかかって塗れなくなったりして、直せなかったので新しいバージョンをダウンロード。筆の種類がふえた(^^)。ほぼ満足だけど、「ぼかし」がきれいにぼけない(涙)


posted by junquito at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

ArtRageで描いたコズモ

フェアリーペアレンツフェアリーペアレンツコズモ

カルロスはアリんこの名前(虫眼鏡でのぞいて話しかけてたら、踏み潰してしまう。)

かなり前にダウンロードした、ArtRageArtweaverという海外のお絵描きソフト、使い勝手がPixiaなんかとだいぶ違うので敬遠していたのだけど、子供たちがお絵描きしたいというので久々に使ってみました。

要領が分かると、結構かわった絵が描けて面白いし、色もきれい。

どちらもいろんなタイプの筆が選べるのが面白いです。
使いやすいのはArtweaverのほうだけど、面白いのはArtRageというか。フリー版なのでレイヤが使えず、濃さの調整とか出来ない筆もあるのですが。

上のイラストのように、キャンバス地の色を指定して、上からクレヨンで白く塗ったりしても面白いなあ、とか。

子供らは、Artweaverのほうでお絵描き。
(左が3歳の長女、右が6歳の長男。)





どちらも、慣れれば結構いけそうです。と言うわけで、練習する予定。



ダウンロード先

ArtRage(日本語。製品版のページですが、左側に無料版のリンクがあります) 

Artweaver(英語)
ここで日本語パッチを配布しているようですが、やり方がよく分からない


イラスト
番組名:Fairy Oddparents
キャラクター名:Cosmo
使用ソフト:ArtRage2.1(Trial)

2007年07月16日

ダニーファントム登場人物紹介:Desiree

ダニーファントムダニーファントムの敵役。

「聞いた望みは何でもかなえる」幽霊ということで、本人、特に悪気があるわけではないと思うのですが。
(「人気者になりたい」パウリーナをハローキティにしてあげたり。笑)

そういえば、(人間だった頃の)前世がエピソードの中で明かされる数少ないゴーストの一人。(他には食堂のおばちゃん幽霊と、ロッカーのいじめられっ子くらい??)

タッカーにゴーストパワーを与えたり、逆にダニーからゴーストパワーを奪ったりと、強力なのに、2回も同じネタでやられるのが安直過ぎ(最初っから、ネタばればれだし)。「お願い」ネタは、フェアリーペアレンツの十八番なんだから、もう少しひねりを入れてくれればなー、とも思いました。

でも、後半、ダニーのコスチュームにDマークをつけてあげた人だったりもします(デザインはサムだけど)。

イラスト
番組名:Danny Phantom
キャラクター名:Desiree
使用ペイント:わんぱくペイント。
        なんとなくイメージが青っぽい水彩だったので。

2007年07月14日

The Secret of the Sixth Monkeyより

モンキーチームモンキーチーム第7話より。
オレンジ対決(笑)


去年あたりに日本語でもモンキーチームが放映されていると知り、日本語吹き替え版を聞く、というのがひそかな願いだったのですが、先日、このエピだけ音源ゲット!ありがたや〜〜

つーわけで、日本語を喋るチロやモンキーを聞くのは初めてだったのですが、面白いと言うか照れくさいと言うか、始終にやけっぱなしでした。声はかなりイメージに近かったけど、言葉遣いは、先入観みたいなのがあって、そのギャップに1人で感心したり。

やっぱり、一番ウケたのはアンタウリですかね。何語でも、セクシー路線なんだな、彼は(笑)。

子供らも、面白がって聞いてましたが、唯一分かったのが「すぴん・しょっかー!!」。
…母親の日本語教育がいかにいい加減かを思い知らされました(汗)


と、吹き替えの話題はこの辺にして、このエピソードですが、「よくわからんがおもしろい」エピばっかりみてた当時、「もしかしてちゃんとしたプロットがあるのか、この番組は??」と初めて思ったのがこの話だったと記憶してます。

マンダリン初登場。「昔仲間だったのに敵に寝返ったヤツ」とか、パワーレンジャーの逆パターンですね(笑)。最後は逃げ去ってスケルトンキングと合流、返り咲きを予想させたり。
あとで改心して、戻ってくるのかなー、と思ったけど、にくったらしさ120%の悪役に徹したのが逆によかったかも。
あれで、あのじーさんキャラでなければ最高だったんだけど…
他のモンキーたちも、中はあんなのなんだ…と、ちょっとがっくりきました。さらに、次の登場の際でかくなった時にはどーしようかと思いましたが、後半、若返って魅力倍増(笑)。

他は、前半の「新ワザ発表会」が、ちゃんと後半で生きてくるとことか、良かったですね。個人的には縦にぐりんぐりん回るスパークスのジャイロボールがツボでした。結局、このエピの後で使ったのって、ギブソンとオットーのだけでしょうか??


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:Chiro & Mandarin
使用ソフト:下描きAlias Sketchbook Pro。ポーズに悩みまくり。
       色付けはPixiaで。グラデーションうまくいかず(フィルター使えば良かったんだな。汗)


…と、思い直して、ためしにやってみた。

比較(背景のレイヤだけ入れ替え)。



う〜ん。よく分かりません
posted by junquito at 17:41| Comment(2) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長男作:Technus

前記事の「ダニーを描いてDVDを当てよう」企画、さりげなく子供らに「やってみたら〜」と勧めたらダニーじゃなくて悪役のテクナス(でいいのかな?日本語表記??)を描いてくれた長男。

う、う〜ん…

お題は「ダニーとキミが一緒にいるところ」なんで、無理だと思うなー。
テクナスと合体したボク、とか??

テクナスは、ホントはグラサンかけたじーさんのゴーストなのだけど、テクノロジーを使った機器に入り込んで同化して、機械を合体させて動かしたり、ビデオゲームの中で戦ったりできるのです。
車をぶち壊してロボットの形にしたり。長男現在、トランスフォーマーにハマってるんで、テクナスというより、ロボットを描きたかったのかなーと(汗)。
(4.4とあるのはバージョンの番号らしい。)

結構キー人物ですが、別に描く気もしないので保留になってましたが、この絵でよしとしよう(笑)。

"S"の字が未だ反対になるのが課題。小学校入るまでに直さないと(汗)。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

おまけで、今までこのブログに載せたイラスト、一ページにまとめてみました。

ページ右側にもアドレス掲載しますが、ここ

ウェブページ作成ソフトがこのPCで使えないので、手打ちhtml。なので凝ったつくりはできず、サムネイルといいつつサイズは原型のままなので表示に時間かかると思います(汗)。

一応カテゴリ分けしたけど、パワレンのほうはちょっと保留。わざわざ載せたいと思うようなのが少ない(汗)。
他にも、あんまりひどすぎるのはカットしましたが、それでも今で80個くらいあるかな??
夏じゅうに100イラスト目指すぞー。



イラスト
番組名:Danny Phantom(らしい)
キャラクター名:Nicolas Technus(らしい)
使用ソフト:長男がノートにクレヨンで。

2007年07月11日

DVD???

昨日、ダウンタウンに子供たちと繰り出したので、雑誌スタンドでNickelodeonマガジンというものを買ってみました。
メキシコ限定のようで、番組のスケジュールとかもメキシコのものになってる。てか、メキシコ発のSkimoというコメディードラマの特集がやたら長かった。

中身は、スポンジボブの漫画とか、ハリポタとかシンプソンズの映画特集とか、ゲームとか工作とか、いくら字が読めるようになったと言っても6歳の長男にはちょっと大人向け(小学校高学年向けくらい??)で、自分にも対して興味ある内容ではなかったのですが、

ダニーファントムDVD発売!のニュースが!!

DPmag.jpg

スペイン語版のThe Ultimate Enemy(4エピってあったから、他に2話入ってるのかも)、だそうで、「ファンからの要望が多かったので、とうとう作りました」みたいな記事がついてました。そのくせ、発売日とか、注文先とかいった情報が一切なし。

さらに別項に「ダニーのイラストを描いてDVDとバックパックのセットを当てよう!」企画があって。
(人形の形のバックパック!)

DPmag2.jpg

子供に描かせようか…(さすがに自分が応募するのは恥ずかしい。汗)

さて、DVD、ネットでざっと調べてみたけど情報見つからず。
どうせなら英語版のが欲しいんですが(まあ、多分スペイン語版でも英語音声は付いて来ると思うけど)。
てか、特別エピだけDVDにするより全エピコンプリートで出す予定があるのなら、そっちを買いたいけど、そういう話もまだ聞かない。署名は行なっているようなので長男の名前で出してきましたが(笑)。

http://www.petitiononline.com/froliki/petition.html

米国で、最終回が放映されたら、なんか動きは出てくるのかもしれませんね。←期待。

フェアリーペアレンツも、TVムービーはスペイン語版がちゃんと発売されてるんですよね。この前スーパーで見かけて、買いそびったのですが(涙)。そのうちお店で並ぶようになるのかなあ。
ちと気になるので、もうちょっと様子見てみます。


+++追記+++

…で、調べたら、7月20日に発売予定だそうです。
リージョン4(中南米)で、英語、スペイン語、ポルトガル語音声/字幕、約2000円。
やっぱり、米国に先駆けてるのかなあ
ネットで予約できるけど、アマゾン以外で買い物したことないのでちょっと心配…来月に近所の店を当たってみます(^^)。

2007年07月10日

The Sun Ridersより

モンキーチームモンキーチーム第6話。

あ、あれ、こんなに小さかったか??ネビュートロン7...??

サンライダーズは、キャラクターはいいのに、最初っから悪役の雰囲気満載でいまいち好きになれなかったです。
後エピで味方にまわったときもどうも…だったし。

思いっきりミーハーしてるチロが子供子供でかわいいですね。
で、そんなチロの夢を尊重して、裏切られて落ち込んでるチロに優しく手を差し伸べるモンキーたちも良い。

改造ネビュートロンがサンライダーズに乗っ取られたスパーロボットと対決するあたりから一気に盛り上がってきますね。ハイパーフォースvs.サンライダーズの肉弾戦は名シーン。オーロラ6にでれでれだったスパークスが「オレはアンタのこと好きだけど、こいつ(ノヴァ)は嫌いなんだってさ」と、あっさり切り捨てるトコとか、クエイザーに順番に飛び掛ってくアンタウリオットーとか、テンポよくって最高〜。

後は、オープニングのみんなが寝てるところ。ギブソンがぬいぐるみ代わりにヘンな液体の入ったビン抱いて寝てたり、スパークスがいびきかいてたり(笑)。さかさまになってるオットーは寝相が悪いのかもともとああいう寝方をしてるのか…。


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:Chiro & Antauri
使用ソフト:今度こそわんぱくペイントで。
       前から気になっていたのだけど、このソフトで描いた線はウェブで縮小表示するとえらくぎざぎざになる(サイズ小さくしすぎなのかなあ)。元の線はきれいなのだけど。クリックすると原寸(550×550ピクセル)で見られるんで良かったらそっち見てください(^^)。(絵自体が汚いのは、まあ、どうしようもありませんが。汗)


posted by junquito at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

ダニーファントム登場人物紹介:ジョニー13

ダニーファントムダニーファントムより、ジョニー

一度描いてみたいな〜とは思っていたのですが、バイクとセットで描かねばいけないので、めんどくさかった…描いてみたら、ほんとにめんどくさ…バイクは、いい加減すぎですな(汗)。
ホントはもうちょっとナンパな感じ。


この人も、メインのエピは数回だけで、他は脇役登場が結構多い。一昔前の暴走族兄ちゃん風のゴーストですが、どんな力があるのかいまいち分からない。一応名前(13)の通り、不幸をばら撒くお化けらしいですが、本人走り回ってるだけで、子分の影が一通りの仕事をしているような。彼女のキティちゃんに怒られてばっかり(笑)。

The Ultimate Enemyのエピでは、ダニーが悪になってしまった世界での10年後のゴーストたちが登場するのですが、この人、禿げて車椅子に乗ってました。何があったんだろ??

イラスト
番組名:Danny Phantom
キャラクター名: Johnny 13&Shadow
使用ソフト:Pixia

2007年07月07日

Pit of Doomより

モンキーチームモンキーチーム第5話。

このエピでは未完成で囚人たちに逃げられてしまった巨大な穴ですが、第2シーズン最後にはいつの間にやら完成して「闇の者」が生まれる場所に、さらには最終回でもスケルトンキング復活の場として登場。実は、凄い意味の深い穴だったんですねー。この辺の「どーでもいいように見えて実はつながってるアイテム」が、モンキーチームの面白いトコだと思います(^^)。

このあたりから「スーパーロボットかっこええ〜〜」とか思い始めたかも。この時点ではまだ自分の意思で動くことはできないのですが、念力で動く!というのは、凄いと思いました(笑)。
みんながロボットを呼ぶ時の音楽もかっこよかったです。前半は、BGMが結構凝ってたように思うのだけど、後半はどうだったか、なんか印象薄いなあ。

他の見どころはオープニングのアクションシーン、モンキーたちの変装、チロを人質に取られてしょぼーんとなるモンキー一同、最後にロケットパックをもらうチロのうれしそうな顔、など。スパークスとアンタウリのダブル攻撃も良かったかも。←すごいばらばらに思い出してる(汗)。

エレベーター爺さんの、程よいキモ悪さが良かったです(^^)。そういえばこれも、数年前は下の子が怖がって無理やりチャンネルを変えさせられてたなあ…


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:全員
使用ソフト:最初わんぱくソフトで描こうと思ったのですが、白抜きとか背景とかめんどくさくなったのでPixiaに移動。無料ソフトは機能が限られてるので、下手に特殊効果とかやらないほうがいいのだということが分かりました(←いや、自分が使い方知らないのが悪いんですが…)
       背景に5匹入りきれなかったよー(涙)。オットーは起きぬけ顔で(笑)。


posted by junquito at 20:27| Comment(4) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

歯ブラシ…

なんか、ぜんぜん関係ないトピックですが、他のブログに書く話題でもないので(汗)。

海外で生活している日本人にとって「現地の歯ブラシのでかさ」は脅威なんだそうですが、自分はそんなに使いにくいとか思ったことなかったんですね。

で、先日、幼稚園が夏休みに入って、一年前に買った園でつかう歯ブラシを返されたのですが…








ウチで現在使ってる日本製アンパンマン歯ブラシと比較


tbrush.jpg

でかい!

これで3歳児用だった記憶が。当時2歳の長女、口に入らないばかりでなく、握れなかったりして。
横からの図はありませんが、毛の長さも相当です。

キャラクター商品だから、と言うのではなく、この手のタイプ以外のがないんですね。
実用性より見かけ重視のメキシコ(アメリカ)主義らしい…

そういえば、長男が1歳の時にかったトレーナータイプの上着は、袖は長すぎ、頭は出ない、という代物でした(ウチの子頭でかいんですが。でも明らかに子供の体型を知らずに作ってる)

長男はスパイダーマン使用(もち手が高層ビルに登ってるスパイダーマンになってる)。他にも、流行の映画とか、バービーとか、車とか、いろいろあって、買うのは楽しいんですが。


ちなみに、こちらでも「毛先が開いたら買い換えましょう」は言われますが、毛先が開きませんっ
っ!!自分は結構熱心に歯磨きするので日本じゃ2~3ヶ月が交換周期なのに、こっちは1年近く持つ…(写真のも一年間使った後のもの。さすがに開いてますが)
硬すぎだよっ!

posted by junquito at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

Magnetic Menanceより

モンキーチームわはは。こりゃ手抜き。

モンキーチーム第4話。

なぜか、これを見ると無性に「銀河鉄道999」が見たくなります。意味はないんですが(汗)。

このエピ、アクションも良いし、キャラクターの表情やセリフもいいし、ユーモアもたっぷりで、多分、この辺から見るとこの番組もすんなり受け入れられるのではないかと。

オープニングのあわて顔のチロに始まって、ボケまくりのオットーにいちいち突っ込みいれるノヴァとか、スパークスの手見て順番に気持ち悪がるメンバーとか。

別行動を繰り返して再三トラブルに見舞われた末に、「やっぱりチームは一緒じゃなくっちゃ」みたいな結論に行き着くのも、教訓くささがなくてよかったし。

スクラッパートンも、敵キャラの中では好きの部類です。同じ機械のメカニカル生命体のおっさんよりずっとお茶目〜。バージョンアップして、再登場して欲しいですね(^^)。



仕事忙しくて、予定表チェックしたら、7月4日にでかい丸がついていたので、何の締め切りかと思って数秒悩んだのですが、この日からモンキーチームのエピが1話目に戻ると、数週間前に勘定して記しつけたことを思い出しました(笑)。張り切って夜中の1時に起きて確認したら、ちゃんとやってた〜。
8月にまたスケジュール変更で放送なくなっちゃうと困るんですが、とりあえず1,2シーズンも保存できるかな〜、と。うう。また早起きしないと。


イラスト
番組名:Super Robot Monkey Team Hyperforce Go!
キャラクター名:Load Scrapperton
使用ソフト:Pixia。Mr. Cocksmith(だっけ?)がてきとー。
posted by junquito at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | SRMTHFG(モンキーチーム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。